関連アイテム

Character

▼

Product Type

Series

Maker

関連アイテム(新着)

各種カードご利用いただけます

返品・交換・キャンセルについて



ムービー・マスターピース 『ダークナイト ライジング』ジョン・ブレイク[バットシグナル投光器付き]

ムービー・マスターピース 『ダークナイト ライジング』ジョン・ブレイク[バットシグナル投光器付き]

ムービー・マスターピース 『ダークナイト ライジング』ジョン・ブレイク[バットシグナル投光器付き]
ムービー・マスターピース 『ダークナイト ライジング』ジョン・ブレイク[バットシグナル投光器付き]
ムービー・マスターピース 『ダークナイト ライジング』ジョン・ブレイク[バットシグナル投光器付き]
ムービー・マスターピース 『ダークナイト ライジング』ジョン・ブレイク[バットシグナル投光器付き]
ムービー・マスターピース 『ダークナイト ライジング』ジョン・ブレイク[バットシグナル投光器付き]
ムービー・マスターピース 『ダークナイト ライジング』ジョン・ブレイク[バットシグナル投光器付き]
ムービー・マスターピース 『ダークナイト ライジング』ジョン・ブレイク[バットシグナル投光器付き]
ムービー・マスターピース 『ダークナイト ライジング』ジョン・ブレイク[バットシグナル投光器付き]
ムービー・マスターピース 『ダークナイト ライジング』ジョン・ブレイク[バットシグナル投光器付き]

ムービー・マスターピース 『ダークナイト ライジング』ジョン・ブレイク[バットシグナル投光器付き]

販売価格 : 35,000円(税込) 標準価格:35,000円

SALE価格 : 17,500円(税込)50%off

送料 : 400円

売り切れ

バットマンが遺した2つの「象徴」

 ゴッサム・シティー破壊を目論む凶悪なテロリスト、ベインの登場によって街が混乱する中、ゴッサム市警の警官だったジョン・ブレイクは、その行動力をゴードン市警本部長に見込まれ刑事に任命される。幼少期を孤児院で過ごした彼は、同じく孤児の大富豪ブルース・ウェインに共感の目を向けるうちに、持ち前の勘の良さでブルースが「バットマン」であることを見抜き、ともにゴッサム・シティーを救うべく奔走。ベインの騒動後、街を去ったブルースは、ジョン・ブレイクにバットケーブを託すのだった。

 全高約30センチ、30箇所以上が可動するフィギュアは、ゴッサム市警の警官であるジョン・ブレイクの姿を見事に立体化。行き場のない怒りを露わにしたような、眉間に皺をよせた表情が印象的なヘッドは、演じる俳優、ジョゼフ・ゴードン=レヴィットの肖像権をクリア。髪型や顔の皺、皮膚の質感を再現すべく、一つひとつハンドペイントによる塗装が施されている。ゴッサム市警の警官が着用する制服、ワッペンが付いたジャケット、靴などの衣服は、形状や質感にこだわり、細部に至るまで精巧な仕上がり。

 武器としてピストル、マガジンが付属。ピストルは腰部にあるホルスターに収めることが可能だ。アクセサリーとして、腕時計、無線機、手錠、懐中電灯が付属している。多彩な差し替え用ハンドパーツを使用すれば、さまざまな劇中シーンを再現することができるぞ。

 また、全高約25センチで立体化した、バットマンに助けを求めるときに用いられ、夜の空に照らすことで犯罪者たちが畏怖した、バットシグナル投光器を同梱!金属の質感や、付着した錆などを再現すべく、細部に至るまでウェザリング塗装が施され、重厚感あふれる仕上がりに。中央に配置されたバットマンのマーク、360度回転するベースなど、劇中どおり見事に造型されている。もちろん、本体内部にはLEDを内蔵。リモコンによるON/OFF機能が付いているので、離れた所からでもライトアップ機能を楽しめるぞ。

【付属品(武器)】
ジョン・ブレイク:ピストル、マガジン(×2)

【付属品(アクセサリー)】
ジョン・ブレイク:差し替え用ハンドパーツ(×4)、腕時計、無線機、手錠、懐中電灯
バットシグナル投光器:リモコン

TM & (C) DC Comics.
(s14)

キャラクター バットマン
商品種別 フィギュア:12インチ・1/6スケール
シリーズ ムービー・マスタピース
メーカー ホットトイズ
商品番号 b0037529
香港
サイズ フィギュア:高さ 約30センチバットシグナル投光器:高さ約25センチ
JAN 4897011176314

バットマンとは?
バットマンの正体であるブルース・ウェインは、幼い頃に最愛の両親を目の前で殺害されてしまう。トラウマに悩まされながらも犯罪を憎み、巨大都市ゴッサムシティーの平和を守る為、日夜凶悪犯との攻防を繰り広げる!ダークでクールな世界観は常に注目を集め、大物俳優を起用し映画化もされている。DCコミックス社から、1939年にシリーズがスタートした看板タイトル。