関連アイテム

Character

▼

関連アイテム(新着)

各種カードご利用いただけます

返品・交換・キャンセルについて



ミュージアムマスターライン『トランスフォーマー / ロストエイジ』ガルバトロン EX版 ポリストーン スタチュー MMTFM-09

ミュージアムマスターライン『トランスフォーマー / ロストエイジ』ガルバトロン EX版 ポリストーン スタチュー MMTFM-09
ミュージアムマスターライン『トランスフォーマー / ロストエイジ』ガルバトロン EX版 ポリストーン スタチュー MMTFM-09
ミュージアムマスターライン『トランスフォーマー / ロストエイジ』ガルバトロン EX版 ポリストーン スタチュー MMTFM-09
ミュージアムマスターライン『トランスフォーマー / ロストエイジ』ガルバトロン EX版 ポリストーン スタチュー MMTFM-09
ミュージアムマスターライン『トランスフォーマー / ロストエイジ』ガルバトロン EX版 ポリストーン スタチュー MMTFM-09
ミュージアムマスターライン『トランスフォーマー / ロストエイジ』ガルバトロン EX版 ポリストーン スタチュー MMTFM-09
ミュージアムマスターライン『トランスフォーマー / ロストエイジ』ガルバトロン EX版 ポリストーン スタチュー MMTFM-09
ミュージアムマスターライン『トランスフォーマー / ロストエイジ』ガルバトロン EX版 ポリストーン スタチュー MMTFM-09
ミュージアムマスターライン『トランスフォーマー / ロストエイジ』ガルバトロン EX版 ポリストーン スタチュー MMTFM-09
ミュージアムマスターライン『トランスフォーマー / ロストエイジ』ガルバトロン EX版 ポリストーン スタチュー MMTFM-09
ミュージアムマスターライン『トランスフォーマー / ロストエイジ』ガルバトロン EX版 ポリストーン スタチュー MMTFM-09
ミュージアムマスターライン『トランスフォーマー / ロストエイジ』ガルバトロン EX版 ポリストーン スタチュー MMTFM-09
ミュージアムマスターライン『トランスフォーマー / ロストエイジ』ガルバトロン EX版 ポリストーン スタチュー MMTFM-09
ミュージアムマスターライン『トランスフォーマー / ロストエイジ』ガルバトロン EX版 ポリストーン スタチュー MMTFM-09
ミュージアムマスターライン『トランスフォーマー / ロストエイジ』ガルバトロン EX版 ポリストーン スタチュー MMTFM-09
ミュージアムマスターライン『トランスフォーマー / ロストエイジ』ガルバトロン EX版 ポリストーン スタチュー MMTFM-09
ミュージアムマスターライン『トランスフォーマー / ロストエイジ』ガルバトロン EX版 ポリストーン スタチュー MMTFM-09

ミュージアムマスターライン『トランスフォーマー / ロストエイジ』ガルバトロン EX版 ポリストーン スタチュー MMTFM-09

販売価格 : 258,120円(税込)標準価格:258,120円

送料 : 400円

売り切れ

シリーズ第9弾はロストエイジからガルバトロン!

 圧倒的なディテールとサイズでフィギュアファンを驚愕させたプライム1スタジオ「ミュージアムマスターライン」。映画『トランスフォーマー』シリーズ第9弾としてラインナップしたのは2014年公開の映画『トランスフォーマー/ロストエイジ』からガルバトロン。

 ガルバトロンの目には同シリーズの定番となるLEDライトアップ機能を搭載。右手は通常アームからアームパーティクルウェポンに差し替えが可能。

 過去のアイテムと世界観を統一した、オートボットのロゴ付きの台座が付属。こちらは「メガトロン」ヘッドが付属したEXバージョン。

キャラクター トランスフォーマー
商品種別 スタチュー:その他スタチュー
メーカー プライム1スタジオ
商品番号 b0055360
日本
サイズ 高さ 約76.5センチ
JAN 4562471903458

トランスフォーマーとは?
「トランスフォーマー」と呼ばれる超ロボット生命体が、正義の「サイバトロン(AUTOBOTS)」と悪の「デストロン(DECEPTICONS)」に分かれて戦う。タカラトミーから販売されていた変形ロボット玩具を、アメリカのハスブロ社が『TRANSFORMERS』として販売しアメリカで大ヒット、それを日本に逆輸入したものが『トランスフォーマー』シリーズ。自ら意思を持ち、乗り物や日常品に変形するのが特徴。日本が製作した「ビーストウォーズ 超生命体トランスフォーマー」では動物に変身した。2007年、2009年にはマイケル・ベイ監督、スティーヴン・スピルバーグ制作総指揮による実写映画が公開。実写化は不可能と言われてきたが、革命的な映像技術によって実現された。